レセプト債は詐欺なのか

こんばんは!
眠い!!パブロン飲んだから睡魔に襲われ、誤字脱字が増えそうですが寝る前に今日の相場!

本日のトレード
セキュアヴェイル 200株 買い

前日比資産
-11,140

セキュアヴェイルはいつのまにか指さってましたf^_^;)
マイルールから外れた銘柄ですが、チャートのかたちが魅力的だったので、試し買い。板が薄くて、値が跳ぶので注意して監視しなければ…(O_O)

本日は、昨夜のダウナスアメリカ兄さんが下落した流れを受け、日経も寄り付き6営業日ぶりに反落しました。後場プラスに浮上して小幅高で引けましたが、終始方向感の見えない動きとなり、為替と日経ちゃんが高値圏にあることから、足元の加熱感と、米国利上げによる年末年始の大相場への期待が入り乱れている様相です。

お昼ごろ中国の経済指標が発表されましたが、為替も株価も影響を受けなかったので、市場の感心が「今は」アメリカへ集中しているんだなーと改めて感じました!(中国経済への警戒は常に必要だけどね)

あと、郵政御三家上場で資金が流出していた新興市場へ、投資家のお金が戻ってきたのかマザーズジャスダックで堅調株が目立ちましたよ!

レセプト債、地元の証券会社でも販売していたらしく、新聞の社会面を賑わせています。

レセプト債とは耳慣れない言葉だったのですが、レセプトとはドイツ語で医師の処方箋を意味する言葉。それが転じて日本では医療機関の診療報酬明細書のことを指すようです。

そして、診療報酬の請求権を債券化したものが今話題となっている「レセプト債」です!

で、その中身とは…
風邪をひいて病院に行き、保険証を提示して医師の診療を受けるとたいていの人は、会計時に3割しか払いません。残りの7割は、病院が健康保険組合等に請求し、報酬が支払われます。しかし、健康保険組合等へ請求した7割分が実際に支払われるのは、請求してからおよそ2ヶ月後です。そこで、資産運用会社(ファンド)が診療報酬を請求する権利を元金より割り引いた価格、例えば元金の97%で病院から買い取り、病院は元金より3%少ないものの、迅速に報酬を現金で手に入れることができます。そして、資産運用会社は健康保険組合等から元金100%の報酬を受け取るので差し引き3%の利益が出ます。その利益3%を資産運用会社と投資家で山分けするのです!!

ここまで聞くと、問題無いように思えるのですが実は…レセプト債自体は詐欺ではなく、真っ当な金融商品なのですよ。
しかも低リスクの。

問題は、この債券を発行しているオプティ社のずさんな運用です。
発行した債券がオプティ社の資本を上回ってるだなんて馬鹿げています。亡くなった前社長が使い込んだか、はたまた、もともと実体の無い債券を売りつけていた詐欺事件なのか、今後の動向に注目です。
販売窓口は地場証券が多く、人によっては数千万単位で投資されてたようで、胸が痛みますね。
このご時世で地場証券を使っている層は、中高年だと思うので退職金をぶっ込んでいなければ良いのですが。
明日は我が身です!

2013年のいつかはゆかし事件並に濃厚な詐欺臭。
クリックはげみになります♪
にほんブログ村 OL日記ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429454832

この記事へのトラックバック

プロフィール

名前:
株犬(かぶいぬ)
性別:
職業:
北海道で働くOL
URL:
http://kabuinu.seesaa.net/
Twitter:
https://twitter.com/olkabuinu
アベノミクスから遅れること2013年4月、元手50万から日本株を始めたものの、翌月の5月23日の大暴落にガッツリ巻き込まれ追証で丸焦げに。資金を大きく減らしつつもなんとか生き延びる。10年以内に億り人になることを夢見る年収200万円台の薄給OL。一時口座資金600万円まで行くもチャイナガラをもろに被弾して400万を割る←今ココ

寒いからお外に出たくないです…