あなたはいくら持ってる!?日本人の平均預金額と中央値

file0001687208574.jpg

日本人の平均預金額、いくらか知っていますか?
日本人の1世帯平均貯蓄額は1753万円です。
なんだよ、皆お金もってるじゃないか!
不景気なんて言っておきながら実は皆持ってるんでしょうか?お金。
学生の頃、テスト勉強ぜんぜんやってないよ〜!って言っておいて90点取っちゃう奴いたよね。

でも、これ「平均」トリックだったりするのです。
テストの点数はMAXが100点だから平均も実態に基づいているけれど、
預金額の上限は青天井なので、一部の億万長者世帯に引っ張られて平均額がつり上がってしまう現象が起きるのです。

平均額より中央値を見てみよう!

こういう時に便利なのが「中央値」
中央値というのは、総世帯を一つ一つ預金額が少ないほうから高い方へ並べていって、
真ん中にいる世帯の預金額をみる方法。

金融広報中央委員会の世論調査は8000世帯が対象、
中央値はその真ん中、つまり4000世帯目の預金額のことを言うのです。

では、その預金額とはジャスト1000万円!!
※「家計の金融行動に関する世論調査(平成26年調査)」調べ

日本の世帯の半分は預金額が1000万円以下というのがわかるよね。

日本の世帯の10.3%は預金が100万円以下

先ほどの8000世帯の内、10%にあたる800世帯は100万円未満の預金額。
でも平均となると1700万円を越えるということは…。
お金持ちが、お金を持っていない人を打ち消すぐらい持ってるってこと。

それぞれの世代別の預金額を比べてみた!

自分の友達はいくらもってるんだろう?
お金にまつわる話しってしたくても出来ないので各世代ごと調べましたよ!

世代別の日本人の平均貯蓄額、平成26年度調査のデータです。
なお、下記データには「不動産」は含まれていません。
■年代:単身世帯平均預金額(ファミリー世帯平均預金額)
純粋な預貯金のみの金額です。
  • 20代:200万円(220万円)
  • 30代:461万円(370万円)
  • 40代:490万円(444万円)
  • 50代:802万円(800万円)
  • 60代:985万円(1342万円)
■年代:単身世帯平均金融資産保有額(ファミリー世帯平均金融資産保有額)
預貯金以外の金融資産(株式、保険、投資信託、債券など)を含みます。
  • 20代:279万円(346万円)
  • 30代:795万円(656万円)
  • 40代:1089万円(913万円)
  • 50代:2020万円(2515万円)
  • 60代:2311万円(2515万円)
んー、シビア!
今回参考にした資料では世代別預金額の中央値は
発表されていなかったけど、今後の預金計画の目安にしよー!

クリックはげみになります♪
にほんブログ村 OL日記ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

プロフィール

名前:
株犬(かぶいぬ)
性別:
職業:
北海道で働くOL
URL:
http://kabuinu.seesaa.net/
Twitter:
https://twitter.com/olkabuinu
アベノミクスから遅れること2013年4月、元手50万から日本株を始めたものの、翌月の5月23日の大暴落にガッツリ巻き込まれ追証で丸焦げに。資金を大きく減らしつつもなんとか生き延びる。10年以内に億り人になることを夢見る年収200万円台の薄給OL。一時口座資金600万円まで行くもチャイナガラをもろに被弾して400万を割る←今ココ

寒いからお外に出たくないです…